当院の考えること・治療方針| 相馬市中村字塚田で歯科・歯医者をお探しの方は馬陵歯科診療所まで

  • 予約制
  • 各種保険取扱
  • クレジットカード払い可
    *保険外診療・院内商品購入のみ
  • 相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・電話
  • メニュー
  • 相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・診療日・診療時間

    ●診療時間

    診療時間 日祝
    10:00~13:00
    15:00~20:00
    休診日:月曜・日曜・祝日
    最終受付は19:30までとなります。
相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・TEL 0244-36-1888
〒976-0042 福島県相馬市中村字塚田61-1

歯科の治療とは、その殆どが残念ながら治療=治癒ということではありません。ダメになってしまった部分を歯科用材料で修復し、元の状態に近づける復元作業を行っていると考えて下さい。そのため、復元した部分は元のご自分の歯の状態よりは弱くなっています (詳しくは院長のおはなし 「歯医者さんのやっていること」をお読み下さい)。つまりは・・・

歯は自分の削らない歯が一番強く、長持ちします
しかし残念なことにダメージを受けた歯が出てきてしまった場合には、その歯を修復するとともに、将来その歯を含め、お口の中全体に再びダメージを受けないようにしていくことを考えなければなりません。
そこで、馬陵歯科診療所は以下のように考えます。

相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・歯質強化も期待できる新しいホワイトニング

当院の考えること

  1. 1

    治療が必要な場合は、健全な歯をなるべく削らない必要最小限の処置を心掛けます。

  2. 2

    詰め物・被せ物などの修復物は清掃性の良いものを考えていきます。

  3. 3

    入れ歯を作る場合は(相馬/馬陵)のロゴをお入れするとともに、修理・調整を行いやすいようなシンプルな形状を心掛けます。

    相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・当院の考えること相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・当院の考えること

  4. 4

    定期的な口腔ケア(メンテナンス)をお勧めします。
    ☞ 定期的な検診を下に口腔ケア(メンテナンス)を行いますが、検診でチェックされる歯はすでに虫歯です。検診でチェックされないように、口腔ケア(メンテナンス)をお勧めしていきます。

インプラントについてです。ご相談を受けたり、当医院の考えをお伝えすることはありますが、馬陵歯科診療所ではインプラントの施術処置は行いません。

当診療所は、歯はもとより口に関すること全ての相談をお受けします。相談内容により、当医院で出来ること、出来ないことを解かりやすくご説明します。顎の骨の中に埋まっている埋伏智歯(親知らず)、重度小児矯正、癌の疑いのある粘膜疾患など、より専門性の高い医療機関を受診された方が良いと判断される場合においては、東北大学病院をはじめとした専門の医療機関に紹介状を書き、ご紹介します。

治療の流れ

  1. step 1

    相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・step1
    お電話またはホームページからご予約下さい
    0244-36-1888

    お電話でのご予約は、診療日・診療時間内にお願いします。

    【火・水・木・金・土】
    10:00~13:00 15:00~20:00(最終予約は19:30)

    【休診日】
    月曜日・日曜日・祝祭日

  2. step 2

    相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・step2
    初診カウンセリングを受けて頂きます

    当院は患者さんごとに担当歯科衛生士が付きます。担当の歯科衛生士のご紹介をさせていただきますので、担当に主訴を始め、全身の状態、困っていること、気になることをお話し下さい。

    尚、担当歯科衛生士は次回以降の処置時、そして口腔ケア移行後も担当させて頂くことになります。

  3. step 3

    相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・step3
    診察台に移動しお口の中を診せて頂きます

    カウンセリングシートの情報を基に、主訴の部位、口腔内、顎の位置、舌の状態などをチェックし、問題点をリストアップします。

  4. step 4

    相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・step4
    検査を行い、治療計画をご提案いたします

    診療前カウンセリングを行い、現在の症状を引き起こしている原因や状況を説明します。そしてその原因を解決する処置方法をメリット、デメリット、費用も含めていくつかご提案します。その中よりベストの治療法を患者さんと共に決めていきます。尚、主訴に痛みがある場合は、その除痛処置を優先して行います。

  5. step 5

    相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・step5
    ご納得頂けましたら治療をスタートします

歯のメンテナンスをご存知ですか?

歯のメンテナンスをご存知ですか?
  1. 1 セルフケアだけでは落とし
    きれないバイオフィルムを
    メンテナンスでは落としていく
    相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・歯のメンテナンスをご存知ですか?

    むし歯や歯周病を予防するには、毎日の歯みがきによるセルフケアが大切です。お口の中の状態は人によって違いますが、歯磨きだけでむし歯や歯周病を予防できるわけではありません。
    毎日の歯磨きによるセルフケアはお口を良い状態に保つために不可欠ですが、より確実に予防するためには定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることが大切です。
    お口の定期検診(メンテナンス)では、歯や歯肉の状態を検査、確認し、ご自身では気づかないプラーク(歯こう)や歯石のお掃除まで行います。これを定期的に行うことで、歯周病菌の活動を防ぐことができるのです。

  2. 2 セルフケアを過信しない! 相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・歯のメンテナンスをご存知ですか?

    相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・歯のメンテナンスをご存知ですか?

メンテナンスのメリットと効果
  1. ◆メンテナンスに通っている人・いない人の現存歯数

    相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・メンテナンスのメリットと効果 ※年代別歯科医院の掛かり方の現存歯数(新庄文明先生)をもとに作成

    上のグラフはメンテナンスに定期的に通っていた人と、メンテナンスに通わず痛い時だけ通院していた人の現存歯数を比較するグラフです。メンテナンスをしていた人は80歳で平均26本の自分の歯があるのに対し、メンテナンスに通わなかった人は自分の歯がほとんど残りません。

  2. ◆各国の定期的に歯科検診クリーニングを受けている人の割合

    相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・メンテナンスのメリットと効果

    ◆各国の80歳の現存歯数

    相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・メンテナンスのメリットと効果
    ※参考資料:リスクに応じた予防歯科学/Per Axelsson(他) クインテッセンス出版、日本歯科医師会雑誌vol.62 8020推進財団ホームページ 歯周病予防研究会ホームページ

    海外の状況はどうでしょう。スウェーデン、アメリカと比較すると日本はメンテナンスに通う人が明らかに少ないことが分かります。日本のような皆保険制度のある国と、一度病気に掛かると金額負担が大きい国を単純比較はできませんが、いずれにしてもメンテナンスに対する意識と行動の差が現存歯数の違いに現れています。

メンテナンスの間隔と費用

通院間隔 お口のメンテナンスは3ヵ月に一度程度です。ただしお口の状態によっては半年ごと、あるいは1週間に一度の場合もあります。
健康な人ほど間隔が長く、悪くなる可能性が高い人は間隔が短くなります。ですから歯科治療をした直後は頻繁にメンテナンスが必要で、お口が健康になってきたら徐々にメンテナンスの間隔は長くなっていきます。

費用 予防には保険がきかないためほとんどの場合、保険外治療(自費治療)になります。
一回、美容院で髪を切ると5,000円ほどかかりますが、それと同じくらいの費用で歯の健康が保てれば、メンテナンスはとても費用対効果が高いと言えます。
また、歯の数は体の健康にも影響することが分かってきました。右のグラフを見ると自分の歯が多い人ほどかかる医療費が少ないことが分かります。

メンテナンスをしっかり行って予防に努める方が、経済的にも健康にもメリットが大きいと言えるのです。

現存歯数と医科医療費の関係
(40歳以上・約19,000人対象)
相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・メンテナンスの間隔と費用 出典/香川県歯科医師会「平成22年度香川県歯の健康と医療費に関する実態調査」より
歯周病と全身疾患

歯周病は全身に影響すると言われています。歯周病を治療するとリスクが下がると証明されているのが糖尿病です。歯周病菌が糖尿病を引き起こすわけではありませんが、歯周病を治療することで、HbA1C(ヘモグロビンエイワンシー=過去2~3ヵ月の血糖の状態を表す数値)が平均で0.4ポイント下がったという調査があります。糖尿病で恐ろしいのは神経障害、脳卒中や脳梗塞など、他の病気を誘発することです。これらのリスクを下げるためにも歯周病治療には早めに取組みましょう。
歯周病菌やむし歯菌などが体の中に入って起こるのが、誤えん性肺炎です。これは介護を必要とする高齢者の死亡原因に多い病気です。
また、更年期の女性に多く見られる骨粗しょう症も、歯周病と同じく骨がダメージを受ける病気のため、歯周病の進行に影響があると考えられています。骨粗しょう症の治療薬の中には、歯周病にも影響を与える薬があるので、治療を受けている方は歯科医師にご相談下さい。

他にも、脳梗塞、心筋梗塞、関節リウマチ、早産・低体重児出産なども歯周病に関連すると言われています。定期的にメンテナンスを受けて歯周病を予防し、健康な体を維持しましょう。

歯周病が関係するとされる病気 相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・歯周病と全身疾患
あなたの歯を守る3本柱 セルフケア・プロケア・生活習慣

歯周病予防のためには、メンテナンスに通うと同時に、ご自宅でのセルフケアや生活習慣の見直しを行うと高い効果が得られます。
セルフケアとは、いわゆる食後のブラッシングです。年齢と共に歯肉が下がり、歯と歯の隙間が広がるなど、お口の中は常に変化するので、ブラッシング方法やその時々で最適なデンタルグッズについては当院にご相談下さい。
生活習慣も大切です。昔は歯周病は40歳代以上の病気と言われていましたが、最近は歯周病に悩まされる10代も増え小学生にも広がっています。これは、免疫力の低下が原因の一部と言われています。日々の食生活や睡眠など、普段の生活習慣を見直して免疫力を高めましょう。
そして定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることで、病気による歯へのダメージはもちろん、治療費の負担も減らすことができるのです。

相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・あなたの歯を守る3本柱 セルフケア・プロケア・生活習慣

歯石を取るとむし歯になるの!?歯石取りのウソ・ホント!

歯石を定期的に取りたいけど、歯が削れないか心配……。そんな疑問をお持ちの方がいると思います。
最近では定期的に歯石を取ることが一般的になってきましたが、まだまだ歯石取りに関する疑問や誤解が多く聞かれます。ここでは歯石取りのウソ・ホントをお話ししていこうと思います。
相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・歯石を取るとむし歯になるの!? 歯石取りのウソ・ホント!
  • Q1歯石は食べカスが固まってできるの?
    A違います

    歯磨きをしっかり行うと歯石があまり付かないのはご存じですよね? でも食べた際の食べカスが固まると歯石になると思っている人はいませんか?
    実は歯石は食べ物などが固まってできる訳ではなく、プラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊が、少しずつ唾液の成分で石灰化を起こして固まってできます。歯磨きをしっかり行うと、歯石の元となるプラーク(歯垢)が毎日確実に取り除かれるために、歯石ができにくくなります。

  • Q2歯石を取った直後は出血しやすいの?
    A本当です

    歯石を取った直後に口をゆすぐと血が混じっているので、「もしかして、歯ぐきを傷つけられた?」と感じたことありませんか? 歯石が歯に付着していると、その部分の歯ぐきがすでに炎症を起こしていることが多いため、僅かな刺激で出血しやすくなっています。特に歯石が歯と歯ぐきの奥の方(歯の根の方向)にある場合や、量が多い場合など、丁寧に歯石を取ったとしても、一時的に出血する場合があります。

  • Q3歯石を取るとき少し歯が削れる?
    A違います

    歯石は器具を使って取るために、頻繁に行うと歯が削れるんじゃない?なんて心配になったことはありませんか? 最近よく使われている、超音波タイプの歯石取り機は、先端チップの超音波振動で石灰化している歯石だけを壊してバラバラにします。一般的には歯に直接当てていても歯が削れる程ではありません。注意したいのは、歯石が少しずつ長期間かかって大量に、歯の周囲を取り囲むように付着した場合です。感覚的に、歯石を含めた全てが自分の歯だと思ってしまうのです。
    そこで一度に歯石だけを綺麗に取り除くと、急に歯が小さくなったように感じたり、歯と歯の間の歯石がなくなり、空いてしまうこともあるため、「歯石を取ったら、歯を削られた。」という誤解に繋がることがあります。

  • Q4定期的に歯石を取ってもむし歯になる?
    A本当です

    歯の健康維持のためにも、定期的に歯石を取ることは、とても大切なことです。それでは歯石を取っていればむし歯にならないのでしょうか?歯石は歯に付着した細菌の塊が石灰化してできます。石灰化した細菌は活動していないため、歯石が付着していてもむし歯はできません。
    歯石内部の石灰化した部分が問題なのではなく、歯石の表面のざらついた部分にプラークが集まってしまうことが問題なのです。歯石が歯に穴を空けることはありません。歯石取りはむし歯予防というより、特に歯周病予防に有効です。

いかがでしたか?
歯石取りは、歯周病予防や、口の中の環境を整えるためにも
できるだけ定期的に行うことをおすすめします。
相馬市中村字塚田・馬陵歯科診療所・PAGETOP